anti-heat    

輻射熱防止(遮熱)シート(コンテナ用)

海外輸送をする際のコンテナ内の遮熱シートです。

熱の伝わり方は、伝導熱、対流熱、輻射熱(放射熱)の3種類に分けられます。
(詳しくは「温度の伝わり方」にて解説)
中でも、輻射熱(放射熱)が熱の伝わり方の約75%を占めます。
この凍結防止シートはその輻射熱(放射熱)を約97%カットすることが可能なのです。これにより、コンテナ内の温度変化を抑制します。

contena4

価格
お問い合わせください
納期
約2~3日(在庫切れの場合お時間がかかる場合もあります)

詳細

サイズ 折りたたみ時
20ftコンテナ用:1,000×500×100(mm)
40ftコンテナ用:1,000×500×170(mm)
40ftコンテナHQ用:1,000×500×200(mm)
仕様

商品の特徴

設置

通常の20ftコンテナに輻射熱防止(遮熱)シートを使用し運用することができます。

sheet_cover2

猛暑により最近、7~9月などの炎天下の日にコンテナの温度は、45度~70度と高い温度環境となっています。その要因のほとんどが輻射熱(放射熱)であり、その際に、製品の品質劣化を起こす可能性がより高くなってきています。

輻射熱防止カバーの実用例

■危険物で海上輸送においてリーファー不可な製品
■小麦粉・・・高温による品質劣化
■果物(高温、凍結)・・・高温による品質劣化
■ケミカル原料(高温、凍結)・・・高温、または凍結よる品質劣化
■塗料(高温、凍結)・・・高温、または凍結よる品質劣化
■電池(高温、低温)・・・高温、または凍結よる品質劣化
■バッテリー(高温、低温)・・・高温、または凍結よる品質劣化
■フィルム(高温、低温)・・・高温、または凍結よる品質劣化
■トナー(高温)・・・高温、または凍結よる品質劣化
■接着剤(高温、凍結)・・・高温、または凍結よる品質劣化
heatcover5
heatcover6 heatcover7

輻射熱防止シートの実測値【40ftコンテナ】

40ftコンテナ内の高温対策として輻射熱防止シートを取り付け実施。sheet_cover3

海上コンテナ内で最高温度60℃の温度が出ているのに対し、輻射熱防止(遮熱)シートをかぶせた製品は37℃となり、約23℃の温度を抑制。また温度変化が少ないため、結露対策などにも有効となります。船の上のデッキに積まれた場合やコンテナヤードで温度が高くなる傾向があり、その温度域は60℃~70℃となるケースが増えています。輻射熱を抑えること(遮熱すること)で常温輸送が可能となります。

輻射熱防止シートの実測値【凍結対策】

sheet_cover4

 

凍結防止対策にも使用することができます。
寒冷地の輸送の際に、コンテナ内がー20℃近くまでになってしまうケースがあります。
そのマイナス環境を抑えるためにも輻射熱防止(遮熱)シートは有効です。コンテナ温度-20℃に対し、輻射熱防止(遮熱)シート内がー2℃となり、約18℃の温度抑制が実現し、凍結防止の解決につながりました。

↓注文用紙ダウンロード

商品カタログ

規格サイズ

海上輸送の20ftコンテナ、40ftコンテナ向けの遮熱シートとなります。

製品名 折りたたみ時寸法【㎜】
輻射熱防止(遮熱)シート20ftコンテナ用 1,000×500×100
輻射熱防止(遮熱)シート40ftコンテナ用 1,000×500×170
輻射熱防止(遮熱)シート40ftコンテナHQ用 1,000×500×200

sheet_cover5

 

お問い合わせ

商品に関する詳しいお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。

お電話の方はこちら メールの方はこちら